OLしながら妻しながら呑みながら・・・、の日常です。


by minmi-minmi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

とりあえず その3

なんだかもう体も心もいっぱいいっぱいになってしまったものの、神様は絶対にいるって思えた先週・・・。
そして、偶然なんてない、全て必然なんだ、と思えた数々のこと。
両親や姉妹だけじゃなく、今までの私の生き方や友達、知り合いが今の私を作っている気がします。

善行も悪行もいつか回りまわって自分に返ってくるというのは本当かもしれないな・・・。

ココロがちょっと弱っている時っていうのは、周りの気持ちがすごくすごく嬉しくて、こんなことを考えてしまうものなのですよー。



私は治療の為に午前有休を取って隣の市の総合病院に行きました。
この日に病院に予約を入れてあったのも偶然じゃなくて必然。
会社に居たら義父関係の病院だの施設だのからの電話に出ることができなかったし・・・。
それに・・・。

2,3週間前にこの病院で私はちょっとした人助けをすることができたのです。
私の受診科の受付でサリーをまとった女性が何かを必死で訴えていました。
サリーを着ているということはインドかネパール辺りの人なんだろうなあ、と傍観していたのだけど、受付の女性は英語がまったく分からないらしく、たくさんの患者さんを前にしどろもどろ・・・。

あー、なんとか助けてあげたいなあ。
でも翻訳と通訳はまた別だし・・・。
私がインドなまりの英語を聞き取れるの???
それよりもたくさんの患者さんの前に出て英語?
なんか「私ってすごいでしょ?」って言っているみたいで嫌らしいんじゃないかな・・・。
(案外小心者なんです・・・。)

相当葛藤し悩んだ結果、勇気をふりしぼって「お手伝いしましょうか?」って声をかけました。
ま、まぁ、結果all rightってことで無事話を聞いて伝えることができました・・・(^_^;)。

で。
今回はの受付の女性に義父の事を助けてもらうことになったのです。
「この病院って入院案内をしているところってありますか?」
とたずねたら、詳しい話を聞いてくれ、その病院のケースワーカー(MSWと言うそうです)の方を紹介してくださったのです。
本来ならその病院の入院している患者さんのケースしか取り扱わないとのこと・・・。
その病院の患者さんで、入院待ちをしている方も山ほどいるそうなのです。

でもね、治療の合間にそのMSWの方に1時間以上も話を聞いてもらい、励ましてもらい、アドバイスを頂いた上に、
「本来ならここの患者さんのケースしか取り扱っていないのだけど、あなたの話は胸に響いてきたよ。もし、どうしてもどうしてもお義父様の受け入れ先が見つからなかったらもう一度連絡してきて。」
との言葉をいただきました。

私があの時勇気をふりしぼって「お手伝いしましょうか?」と言えたのも、この為だったんだ・・・。
結果、こちらの病院には今回はお世話にならずに済むことになったのだけど、でも絶対また何かここから生まれるはず・・・。

最近は全てが全て必然で、つながっているように感じます。
全てが私にとっては必要で、それは巡り巡って気持ちなり経験なりとして私に返ってくるように思えます。

そんな感じ・・・。

とにかく長い1週間でした。。。
あー、今週は安心して過ごせる1週間になりますように・・・。
[PR]
by minmi-minmi | 2006-10-16 23:23 | 日々のこと