OLしながら妻しながら呑みながら・・・、の日常です。


by minmi-minmi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今までの治療(その3)

一つ前の日記で省略した部分をちょっと追加。
(自分の覚えの為に書いておきたいので、難しい説明ははぶきます。)

まずは採卵ですが、3つ卵が取れました。
少ないです。。。
そのうち1つが未成熟卵だったので、残り2つを受精させ、ふたつともが受精してくれました。
2つの受精卵は分割していき、うち1つは桑実胚になって壊れてしまったようです。
そして、最後まで残った受精卵は5日目で桑実胚の状態で凍結していただきました。
4日目に桑実胚、5日目に胚盤胞になるのが理想的なのですが、卵の質にもよるそうです。

ところで、卵の質って聞いたことありますか?
もちろん個人でも質のいい卵、よくない卵があります。
でも卵の質と言うものは年齢が高くなるにつれ悪くなるのが一般的です。
生まれながらにして女性が持っている卵子は、年齢とともに老化していきます。
個人差はありますが、35歳を境に卵子の質は急降下するそうです。
排卵とともに数も減ります。
通常、生理と生理の間に1つ(とは限りませんが)の卵子が排卵されるわけですが
その影で30個ほどの卵子が大きくならずに黄体化するそうです。
これを聞くとちょっと怖くなりませんか?

私は35歳前半で不妊治療に入りました。
それから今まで、多分これからも、ずっと「卵子の老化」が恐怖です。
一刻も早く妊娠したいのはそれが理由でもあります。


さて、その後2泊3日でポリープ切除術を受け、大きな問題もなくその次の生理を迎えました。
普通、ポリープをとった後の生理は量も痛みも少ないらしいけど、私はひどかったなー。
でもその後の生理はすっきりしたもんです。
今まで生理までの序章が3日ほどあって、終わりもだらだらと続いていたのだけど
術後は「はい、今から始まりです」→「これでおしまい!」ってな具合。
5日ほどでぴたっと止まるようになりました☆
[PR]
by minmi-minmi | 2007-03-31 20:14 | 不妊治療