OLしながら妻しながら呑みながら・・・、の日常です。


by minmi-minmi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

風邪ひいたよ

風邪をひいてしまいました。
体は元気なのだけど夜中に咳で眠れず、寝不足を理由に今日は会社をお休みしちゃいました。
もちろん会社には「風邪で・・・」と電話を入れましたが・・・(^_^;)。

なんで横になると途端に咳がひどくなるんだろ?
数分寝ては咳で目が覚めるもんだから、「座って寝よっかな?」って一瞬思ってみたもののワタシは腰痛持ち。
取り返しのつかないことになりそうなのでやめておきました(-_-)。

あまりにも頻繁にワタシが咳き込むので、ワタシとはルートの違う胃腸風邪をひいているオットがかわいそう・・・。
仕事と義両親のことで寝不足なのに、寝ボケながら私の胸をさすってくれます。
「眠たいのにゴメンネ・・・。」

と思っていたら・・・。
今朝、行ってらっしゃいのHug&Chuの時に
「昨日の夜は幸せだったよ~。みんみちゃんのおっぱいの上で寝たんだよ~♡」
って、おいっ!

そんなこんなで今日は会社を休んだわけですが、なんですかね~、こういう時のほうがあれもこれもやりたくなっちゃうんです。
お洗濯したり、片づけしたり、普段できない時間のかかるお料理をしてみたり。
会社をお休みした意味あるのかしらー(^_^;)?

風邪と言えば、ワタシはここ6年近く風邪らしい風邪をひいたことがなかったのだけど、
なぜだか12月から1ヶ月おきにひいています。
「年のせいね。ふふ。」
と会社の先輩に言われたんだけど、ホントですか?

一時的に風邪をひきやすくなった方、風邪をひきやすかったけどコレをしたらひかなくなった!って方みえましたらご一報を♪
ついでに、咳止めの方法も・・・。
[PR]
by minmi-minmi | 2007-02-20 21:11 | 日々のこと
そんな感じで11月中は腰痛にもかかわらず治療に行けず・・・。
自分でもそこまでひどくなるとは思わず・・・。

ガマンが過ぎたのか父が退院した11月後半には1時間イスに座っているのも辛い状態。
さて、治療に通うぞ!と思ったら次は仕事が佳境に差し掛かり。
11月末で一緒に仕事をしていた同僚が退職することに加え、11月末から12月の初めにかけて数年に1度の大きな会議が・・・。
同僚が退職手続きに追われていたので、私はその会議の為の資料を1人きりで翻訳。
毎日遅くまで残業してヘロヘロになって帰宅。
腰痛も限界。
で、決めました。
この会議が終わったら休職して治療に専念する!
上司にも伝えて会議の翌日からお休みを頂くことになりました。
本当に話の分かる上司でよかった~☆

またいつかココに登場するかもしれないその上司、本当に尊敬できる人なのです。
私と3つしかかわらないのに、仕事ができるだけじゃなくて人柄も素晴らしい。
海外出向に行く前の彼も知っているのだけど、毎日もうひとつ上の上司の机の前に立たされて起こられていたのに、帰国したら人が変わっていました。
叱っていた上司も驚いていたほど。
そんな彼の元で仕事ができるのは本当にうれしい事です。
って、そんなことはどうでもいいね。

休職するのにはもう2つ理由がありました。
ひとつは、11月中旬に子宮ポリープが見つかり12月中に手術をすることになっていたことです。
手術のことと、もうひとつの理由はまた今度書きますね。

眠たくなってきたので今日はこの辺で・・・☆
[PR]
by minmi-minmi | 2007-02-07 22:59 | 日々のこと

最近のこと(11月編)

日記どころか月記にもなっていないじゃないかー。
1ヵ月半、忙しくて忙しくて!
っていうのはウソ。
確かにちょっと忙しいのが続いているけど、日記がかけないほどでもなく・・・。
なんだろうなー?
気持ちの問題ってやつかな。
なんとなくblogに気持ちが向きませんでした。

さて、何から書こう?
とりあえずは11月から時系列に書いていく事にしよう。

11月に入ってから、嫌な感じで腰が痛いなーと思いながらも会社に行っていました。
その頃入院していた父が病気によって弱くなった鎖骨を骨折してしまったのです。
父は一歩歩くことも辛そうで、私は何か少しでも父の力になれれば、と会社帰りに毎日病院に寄ることにしたのです。
それまで何でもヒトリで頑張ってきた父が何をするにも辛そうにしている姿をみると、本当に辛くて毎日思い出しては泣きながら父の病室に向かったものでした。

でもいいこともありました。
それまでは父に親孝行したくても何をしたら喜んでもらえるか本当に分からなくて、友達に聞いてみたりしていた私。。。
でも毎日父のところに行くようになったら不思議と私が父にしてあげれることが分かるようになってきたのです。
それまでは父に対して何もしてあげられない自分に本当に自信を失ってしまっていて、父とふたりの時間が苦痛だったりした時もありました。
もともと父は端的な会話、それから結論を求める、良く言えば男らしい人なので、話がへたくそな私は父と2人きりで話していると、「だからなんだ?」「結論を先に言ってくれ。」って言われることがあり、それもあって父と2人きりの会話が苦手だったのかも。

でも会社のあと、夜7時から1時間位父の手伝いをしながら父との時間を持つようになって、次第にそんな苦手感も薄れてきました。
父の好きなマイクル・クライトンの本をネットで購入したりしているうちに、共通の話題もできたし。
父がマイクル・クライトンの小説を読みきってしまったので、私が図書館で適当に本を選んで借りて行くようになったのだけど、その中から父のお気に入りの作家が新しく見つかったり。
こうやって日常を共にしているうちに共通の話題が増えていくんだな、って最近は思うようになりました。
みんなが口をそろえて言う「そばにいるだけで親孝行」っていうのはこういう事なのかなあ・・・。

父は骨折の痛みが和らいだ頃、激しい治療はもうやめにして退院しました。
今は実家で好きな事をして暮らしています。
骨折をした頃がちょうど激しい治療の終わりがけで、父は痩せてしまい骨折のせいもあってとても痛々しかったのだけど、今は自分で車を運転してランチにいったりスーパー銭湯に行ったり、「ほとんど何もできないけど」と言いながら自営業が忙しい友達の手伝いにいったりしています。
効果があるかないか分からない辛い治療を続けるより、家で好きなことをして過ごしている父のほうが幸せに見えます。
病気がよくなったわけではないけれど以前より元気に見えます。
父くらい病気が進行していてここまで出歩いている人って見たことがない・・・。
本当にすごい父親です。
[PR]
by minmi-minmi | 2007-02-07 22:42 | 日々のこと