OLしながら妻しながら呑みながら・・・、の日常です。


by minmi-minmi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

移植してきました

24日(木)、卵をひとつ移植してきました。

当日の午前中に診察に行き、卵巣等の診察をしてその日に移植をするかどうかが決まります。
診察の結果、卵巣が少しはれていて、腹水が少したまっていたけど、移植できる範囲でした。
ちなみに、体重がこの2週間くらいでいきなり2キロも増えたのは、どうやらこの腹水のせいだったみたい。
ホルモン剤を使うと確かに太りやすいんだけど、私の場合、治療中、影響のある時期は禁酒をするので、それでプラマイ0ってところなのかな。
採卵の翌日辺りにものすごくトイレが近く、寝汗もいっぱいかいたら、お酒を飲んでいても3日間で2キロ落ちました。

さて、移植。
4つ受精した卵のうち、分割が進んでいたのは3つ。
残りの1つはd3(採卵日をd0と考えて3日目)に2分割で、妊娠につながる可能性は薄いとのこと。
3つの卵のうちわけは、満点を20点とすると、①14点、②15点、③14点でした。
今回は①の卵を移植。
7分割のフラグメント(分割卵に見られるプツプツした余計なもの)は5%です。
ちなみに20点満点の卵は、8分割のフラグメント0の卵。
子宮内膜の厚さは10.8ミリでした。

卵も内膜も、非常によくはないけど、普通以上のまあまあなグレード。


移植したらしばらく楽になるかなーって思っていたけど、卵巣のはれと腹水のせいで明日からまた毎日注射が始まるかも・・・。
今月は治療の為に4日も会社をお休みしてしまっているし、なかなか落ち着けなさそうです(;_;)。
[PR]
by minmi-minmi | 2007-05-27 11:19 | 不妊治療

採卵日、長い一日

昨日、採卵をしてもらってきました。

8時半までに受付を済ますように言われていたので、朝の渋滞に巻き込まれても大丈夫なように6時半過ぎに家を出て、8時には病院に到着。
受付を済ませ8時半に、排卵していないか、卵の状態はどうか、を先生にみてもらいました。
土曜日までは4つと言われていた卵が、5つあったようです。(それでも少なめです。)
それから入院部屋に通され(日帰りだけど)、採卵用下着とパジャマに着替え、オットとしばしテレビを見ながら休憩。

それから抗生物質とブドウ糖の点滴を入れ、採卵の30分ほど前に分泌物を抑える筋肉注射。
そしてお昼前に手術室に通されました。
前に体外受精(顕微)をした病院も、採卵室と移植室は同じでしたが、どうやらN病院も同じらしい。
違ったのはスタッフの数と椅子、それから麻酔の種類でした。

前に採卵をしたT病院では、普段お世話になっている先生、看護師さんに採卵時も移植時もお世話になりました。
今回のN病院は不妊治療に携わる先生は数名みえ、看護師さん、スタッフの方もたくさんみえます。
そして、採卵してくださる先生はそのうちの1人、看護師さんやスタッフの方は一度もお会いしたことのない方たち数名。

そして椅子。
上手く言葉にできないと思うけど、T病院はベッドに足をかけるところがあるタイプ。
N病院はリクライニングの椅子タイプで、おしりを乗っける部分のすぐ前に足を乗せる部分があり、背もたれは床と並行までリクライニングするタイプ。

そして!
まいったのが麻酔です。
今まで全身麻酔は3回体験済みなのですが、3回とも静脈麻酔でした。
今回は、まず、テレビ番組でよくみかける、鼻と口にカポっと器具をかぶせ、麻酔の入った空気が流れてくるものをされました。
その空気の匂いが好きになれず、その上その空気を吸うのにはマクドナルドのシェーク(冬バージョン=固い!)を吸うくらいの力が必要で・・・。
次第に意識が朦朧としてくるのだけど、頑張らないと息が吸えない・・・。
苦しくて苦しくて、どうしても安心して麻酔にかかることができず・・・。
それでも先生による静脈麻酔の指示が聞こえ・・・。
死ぬかと思いました(>_<)。
意識が朦朧としていく中、「このまま麻酔にかかってしまったら、呼吸ができなくなって死んじゃう!」と思い、固定された手を必死で動かしてスタッフに助けを求めたのでした。。。

麻酔中息ができなくなるなんてありえないよね?
そう思うんだけど、恐怖心には勝てず・・・。
結局口と鼻をふさいでいる麻酔ははずしてもらい、静脈麻酔の量を倍にしてくださったようです。

と、なんだか色々ありましたが、無事採卵も終わり・・・。
普段のようにシュールな夢?も見ず・・・。
また、普段なら麻酔からスーっと覚めるところ、今回は目覚めては眠り、目覚めては眠りを繰り返し・・・。
夕方になってようやく自力で起きることができるようになりました。

オットは帰宅後仕事に行くということで病院への道のりに淋しくて喧嘩になってしまったのですが、帰り道、採卵の為に絶食をしていた私の為に時間を作って軽く食事に付き合ってくれました。
その後実家に私を送り、仕事後11時半に迎えに来てくれました。
まあよし。
それで全部チャラにしてやろう・・・。

にしても、治療を始めてからうちはケンカが増えたよな・・・。
[PR]
by minmi-minmi | 2007-05-22 22:54 | 不妊治療

採卵日決定

月曜日に採卵することに決まりました☆
ようやく確定しました。
ロング法やショート法では治療開始時点で採卵日を決定できるのですが、今回のアンタゴニスト法では直前にならないと決定できないのです。
つまり、仕事を急に休むことになります。
私は仕事の内容上比較的休みを取り易いのですが、オットは大変みたい。
自宅で彼のDNA達を採取して病院に持っていってもいいのですが、やっぱりよりフレッシュな状態がいいので、病院で採取した方がいいんですよね。
特にうちは男性不妊なので・・・。

採卵が終わったら多分時間に余裕ができると思います。
今は仕事の定時後は毎日あっちこっちの病院を駆け回っています。
不妊治療の病院だけじゃなくて、接骨院やら歯医者やらも。
この木曜日は有休を取って、超売れっ子芸能人みたいなスケジュールでしたよ。
朝一で接骨院にいき、1時間半かけて名古屋のN病院で診察等してもらい(待ち時間含めて3時間!)、地元に戻って歯医者で2時間治療、その後注射の時間まで1時間あいたのでドンキホーテで買い物をして、注射に向かいました。

こんな毎日なので食事の支度もできず、毎日実家に行って食事をさせてもらっています。
本当にありがたいー。
お母さん、ありがとう。

ところで、地元で注射をしてくれる病院がなんとか見つかったんです。
ご心配してくれた方々、本当にありがとう。
その気持ちにまた泣いちゃったよ。
もう注射してもらえる病院がないと思い、毎日定時後に急いでN病院に向かい、救急でもいいので注射をお願いしようと思っていました。
その旨看護婦さんに相談したところ、地元の不妊治療専門の病院はどう?と言われたのです。
今までその病院も考えてはいたのですが、やはりなんとなく失礼な気がして電話をしていなかったのです。
でももう後がない。
そこで注射してもらえれば本当に毎日楽になる。
ということで、N病院からすぐに地元の病院に電話したらあっさり引き受けてくれました♪

不妊治療をしていると本当に泣き虫になります。
辛いこともたくさんあって、でも、嬉しいことや人情に胸がいっぱいになることもたくさんあって・・・。
今日も午前中にN病院の先生に
「遠くから来てくれてるもんねえ。」
と言われて涙腺がやばかったです。
そんな一言で泣けちゃうんだよー、私。

頑張っていることや辛いことを人に認めてもらうってすごいです。
すごいパワーが沸いてきます。
誰に認めてもらっても現状は何も変わらない。
でもなぜか報われた気持ちになるんですよね。
私も、頑張っている人や辛い中にいる人に、さりげなくパワーを与える言葉をかけてあげれるような人間になりたい。

さて、今日は名古屋まで2往復です。
昼間も診察と注射に行ってきましたが、夜12時にまた注射に行かないと!
今日の昼間までは毎日2種類の注射を打っていました。
HMG(排卵誘発剤)とアンタゴニスト製剤(排卵させないようにする薬)。
今日の診察で卵たちが大分大きくなってきていたので、今日はとりあえず昼間にアンタゴニスト製剤をうって夜中の12時まで排卵を抑えます。
そして12時にHCGという注射を打ちます。
HCGを打つと、36時間後に排卵が起こります。
排卵が起こる直前に採卵をします。
それが月曜日。

採卵後のスケジュールはまだ決まっていないけど、移植後にもしかしたらまた毎日注射があるかも・・・。
それがなければ余裕のある生活が待っています☆
[PR]
by minmi-minmi | 2007-05-19 19:03 | 不妊治療

幸せな日々

5月12日 両親の結婚記念日

5月13日 母の日

5月14日 妹2の誕生日

5月15日 父と私の誕生日


でした☆
実家ではプレゼントとお金が飛び交っています。
お金???

うちはお祝いされる人へのプレゼントを、他の家族みんなで考えてみんなで渡すことになっています。
買いに行くのはみんなの事情を考えて行ける人が立候補。
その後に買い物に行った人にそれぞれお金を渡します。
なので、プレゼントと一緒にお金もあちこちに移動しています(^_^;)。
もちろんお祝いされる人のいないところでだけどね。

父が病気になってから、こういうイベントを迎えるたびに、胸がつまるほどの幸せを感じます。
家族みんなでまた迎えられたんだな、って。

誰だっていつどうなるか分からない。
そう思うと、今、みんなでこうしていられることがとても大切に感じます。


毎日書きたいことがたっくさんあるのに、治療が本格的に始まってなかなか時間が取れません。
今日の誕生日にもらったたくさんのプレゼント、写真に撮ってここに貼りたかったのになー。
みんなの日記も読むだけになっていてつまんない。
でも採卵まであと1週間くらいです。
あと少し!
終わったらのんびりするぞーっ!
[PR]
by minmi-minmi | 2007-05-16 00:00 | 日々のこと

悔しくて悲しかったこと

先週の水曜日のこと。
その日は診察がない日だったので、地元の産婦人科に注射だけしてもらいに行ってきました。
その病院には私がかかっている名古屋のN病院からの紹介状を既に持って行ってあって、「平日で診察のない日限定」で注射をしてもらうことになっていました。

で、先週水曜に初めて注射の為に行ったわけです。
N病院から持ち出しの薬剤、注射器、指示書を持って。

そしたら・・・。
閉まっていたのです。
入り口は開いており、受付が閉まっていたのです。
焦って受付にあった呼び出しボタンを押し事情を話すと、しばらくして先生と看護婦さんが来てくれました。
そして、診察室に通され話が始まりました。

「これ、以前話を聞いたのね。でもうちは水曜と木曜は診療していないんです。それ以外の日の診療時間であれば引き受けますけど?」

「え???平日はお願いできると聞いていたんですが・・・。救急の扱いでお願いできませんか?」

「うちも個人病院だし(先生は数名いますが個人病院のようです)、看護婦の負担が増えるから。それは分かってもらわないと。それがダメなら他探してもらえる?」

こんな風に言われました。

普通の産婦人科に行くことすら今はきっつい。
おなかの大きい妊婦さんがとても幸せそうに見えて、そんな中私だけが不妊治療の為に痛い注射を受けにお邪魔しに来ているんだ。
そんな風に感じている中、先生の一言は本当にきつかった。
先生を目の前なのに涙が止まらなくなってしまって、看護婦さんがそっとティッシュペーパーを渡してくれました。

それでもその日は休みなのに特別に注射をしてくれるんだから、と気を取り直そうにも、
「来週の水曜と木曜はどうしたらいいんだ?」
「N病院にかかるには相当早くフレックスで帰らなくちゃいけない。これ以上早出して残業時間をためるにも限界だし。どうしたらいいの?」
とパニックになって、自分の置かれた状況が惨めで悔しくて余計に泣けてきたのでした。

看護婦さんは注射をしながら、色々と代替案を考えてくれたけど、アンタゴニストの注射が毎日定時刻に打たないといけないものであるため、どれも難しい・・・。

本当に悔しい。
産婦人科が忙しいのは分かるよ。
でも注射なんてたったの5分だよ?
産婦人科は産婦人科なんだな。
赤ちゃんができた幸せな人は受け入れるけど、赤ちゃんが欲しくてもできない人には冷たいんだな。

不妊治療を2つの病院でしてみて、どちらの病院も先生も看護師さんもみんながとても優しくて親身になってくれて、それが当たり前のように感じていました。
どちらの病院も本当に心強くて、不妊治療しているんだけど居心地がいい、全てを受け止めてもらえてる、そんな気持ちでいられました。
でもやっぱりそれは不妊患者の為の病院であるからなんだな。。。

きっと不妊患者だけではなく、世の中には”普通”から少しだけはずれている人がたくさんいて、そう言う人たちは色んな意味で苦しい思いをしているんだろうな。
私だけじゃない。

不妊治療をしていると、色んな事を考えるようになります。
[PR]
by minmi-minmi | 2007-05-11 00:17 | 不妊治療

治療開始!

「生理3日目に来院してください」と言われていたのですが、GWの祝日に3日目がかかりそうだったため、ピル(中用量)で卵巣を休めつつ生理を遅らせていました。
で、本日生理3日目となったので、病院に行ってきました。

私の勤める会社はフレックスタイム制度を採用しているので、オヤスミを取らなくても病院には間に合います。
が、せっかく生理中なので生理休暇を取ることに。
生理休暇ってほとんど使ってる人いないんだよね。
でも私はもともと生理が重いこともあって、上司に相談の上びたびとっていました。
お給料は3割カットされちゃうけど、それで一日オヤスミを取れるんだったら超お得♪
子宮ポリープを取ってから生理も大分楽になったけど、今回みたいな時は生理休暇が重宝します。

今回の排卵誘発法はアンタゴニスト法と言う方法で、アンタゴニストの薬がようやく日本でも認可されたのが数年前。
なので比較的新しい方法です。
体質によって適している方法が違うのですが、それは試してみないと分からないのです。
前回ショート法の変形みたいな感じの方法で誘発した結果、できた卵の個数が3個と少なかった為、今回はアンタゴニストでいくことになりました。
体質によって適している方法が違うのですが、それは試してみないと分からないのです。

体外受精では確実に採卵するために、自然排卵を抑える薬が必要なのですが、従来のロング法やショート方では排卵を抑える為の薬を毎日定時刻に2,3回点鼻しなくてはいけません。
私はその点鼻薬の副作用が本当にひどかったので、点鼻薬から開放されるだけでもすごく嬉しい!

そして今日から治療開始です。
今日はHMGフジ(排卵誘発剤)を300単位注射してきました。
これがまた痛いんですよー。
筋肉注射でお尻にうってもらうのですが、針を入れるのも痛いし、注射液が入るのも痛い。
そして、入った後も痛いんです(>_<)。
痛いと分かっているから口をぐっと結んでいても声が漏れてしまうほど・・・。
でも、こんな痛みにガマンできなきゃ出産の痛みや子育ての苦労に耐えられるわけがない!と思ってガマンガマン。

明日から採卵の日まで毎日注射に通います。
診察のない日は地元の病院へ、診察のある日は名古屋市内の病院へ。
注射が始まったので、今回は今日から禁酒します!
がんばるぞー。(禁酒を(^_^;)。)

今日は、先日の手術で吸引してもらったチョコレートのうしゅの細胞検査の結果も聞いてきました。
結果は陰性!
悪い細胞ではなかったということです。
ほっ☆
[PR]
by minmi-minmi | 2007-05-09 22:58 | 不妊治療
始まってしまいましたね・・・。
夏休みまでのながーい毎日。

でも初日がこうもいい天気だと、会社に行く道のりだっていうのになんだか少しウキウキ☆
9日間もオヤスミが続くと、仕事に出かける毎日を非日常に感じ始めるのかな?
数日後には「早く夏休みにならないかなー」なんて思っているんだろうけど。

今年のGWは(も?)オットは休みがほとんどないと言っていたので
この連休中の予定とやりたくないけどやっておきたいことを、GWの前にリストアップしてみました。

 <予定>
  内膜症手術 
  桜塚やっくんショーを見に行く
  友達と飲み会
  旅行に行く両親へ何かできることをする
   
 <やりたくないけどやっておきたいこと>
  自動車免許更新
  不妊治療助成金申請の為に必要な書類を揃える
  毛布の洗濯
  家中のマット類の洗濯
  非難用具の見直し
  荷物部屋?の大掃除
  衣替え&いらない洋服を大量処分

普段の私なら「会社が始まってからでもできないことはないし・・・」と全部後回しにしているところだけど、今回はほとんどを消化。
非難用具の見直しだけはできなかったけど、とにかく動き回っていました。
加えて実家で3泊。
DVD3本鑑賞。
甥っ子君ともたくさん遊びました☆
あまりのんびりできなかったけど、ものすごーい充実感です。

休み明けから不妊治療が始まるのですが、なぜか既に赤ちゃんを迎える準備をしておかなくちゃって気持ちがあって、いつもみたいにのんびりとダラダラ過ごしていられなかった気がします。
めちゃくちゃ気が早いというか、まだ妊娠もしていないのにねー。

フルタイムで働いていると、普段なら休みを取らないとできないことがいっぱい。
今は有休は治療の為に極力残しておきたいので、できることは休み中に!って気持ちもありました。
そう思えば動けるのか?
何かに追われないと動けないワタシ・・・(-_-)。

そんな感じで9日間のGWも終わり。
手術も無事終わりました。(細胞検査の結果はあさって聞きにいく予定です。)
今日から元気に働いていますよー☆

 
[PR]
by minmi-minmi | 2007-05-07 23:13 | 日々のこと